70-534日本語 認定資格試験 & 70-534日本語 試験感想

 

NO.1 DRAG DROP
ソリュ ーシ ョン のデ ータ 記 憶メ カニ ズム を推 奨す る必要 があ りま す 。
何をお 勧め しま すか ? こ れに答 える には 、 適 切な データ スト レー ジメ カニ ズムを 正し い情 報タ イプ にド
ラッグ しま す 。 各 デー タ 記憶機 構は 、1 回 、 複 数回 、 ま たは 全く 使用 され な いこと があ る 。 コ ンテ ン ツ
を表示 する には 、分 割バ ーをペ イン の間 にド ラッ グする かス クロ ール する 必要が あり ます 。
Answer:
* use Table storage for Contractor information
* Use Blob for Project Images
* Scenario: VanArsdel needs a solution to reduce the number of operations on the contractor information table.
Currently, data transfer rates are excessive, and queue length for read/write operations affects performance.
/ A mobile service that is used to access contractor information must have automatically scalable, structured
storage
/ Images must be stored in an automatically scalable, unstructured form.
Note: Blob is an acronym for Binary Large object. Basically Blob is a sequence of bytes - just what an application
needs. Blob can hold audio, video, email messages, archived files, zip files or a word processing document in a very
general way.
Reference: Understanding Blob,Queue,Table storage in Windows Azure
http://www.thewindowsclub.com/understanding-blobqueuetable-storage-windows-azure

NO.2 DRAG DROP
お客様 のデ ータ は、 輸送 中でも 安心 して も確 実に 確保す る必 要が あり ます 。
どのテ クノ ロジ ーを お勧 めしま すか ? これ に答 え るには 、 適 切な 技術 を正 しいセ キュ リテ ィ要 件に ドラ
ッグし ます 。 各技 術は 、1 回 、 複 数回 、 ま たは 全く 使用さ れな いこ とが あり ます 。 コ ンテ ンツ を表 示 す
るには 、分 割バ ーを ペイ ンの間 にド ラッ グす るか スクロ ール する 必要 があ ります 。
Answer:
* Azure Rights Management service
Azure Rights Management service uses encryption, identity, and authorization policies to help secure your files
and email, and it works across multiple devices-phones, tablets, and PCs. Information can be protected both
within your organization and outside your organization because that protection remains with the data, even when
it leaves your organization's boundaries.
* Transparent Data Encryption
Transparent Data Encryption (often abbreviated to TDE) is a technology employed by both Microsoft and Oracle to
encrypt database files. TDE offers encryption at file level. TDE solves the problem of protecting data at rest,
encrypting databases both on the hard drive and consequently on backup media.
* TLS/SSL
Transport Layer Security (TLS) and its predecessor, Secure Sockets Layer (SSL), are cryptographic protocols
designed to provide communications security over a computer network. They use X.509 certificates and hence
asymmetric cryptography to authenticate the counterparty with whom they are communicating, and to negotiate
a symmetric key.
Reference: How Applications Support Azure Rights Management
https://technet.microsoft.com/en-us/library/jj585004.aspx
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Transparent_Data_Encryption
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Transport_Layer_Security

NO.3 あ なた は、Azure に 移住す る Virtual Machine 作業負 担に 許可 を指 定す る必要 があ りま す 。
解決策 は、 最少 の特 権の 主体を 利用 しな けれ ばな りませ ん 。
あなた は、 何を する べき ですか ?
A. Azure の ポー タル では 、 登録レ ベル で、 読ま れた 許可を ユー ザー に割 り当 てくだ さい 。
B. Groupl と 名付 けら れた クラウ ドサ ービ スに おい てすべ て の VMs を作 成し 、それ から 、Azure
subscription と接 続し てく ださい 。 以下 の Windows PowerShell command を実 行して くだ さい :
New-AzureRoleAssignment -Mail user1@vanarsdelltd.com -RoleDefinitionName
Contributor -ResourceGroupName group1
C. 別個 のク ラウ ドサ ービ スにお いて 個々 の VM を 作成し 、そ れか ら、Azure の登録 と接 続し てく ださ い 。
以下 の Windows PowerShell コマ ンド を実行 して くだ さい :
Get-AzureVM | New-AzureRoleAssignment -Mail userl@vanarsdelltd.com -
RoleDefinitionName Contributor
D. Azure 入口で は、 個々 の バーチ ャル? マ シン を選 ん で、所 有者 を加 えて くだ さい 。
Answer: B

70-534日本語 解説   
Explanation:
* Scenario: Permissions must be assigned by using Role Based Access Control (RBAC).
* Role-Based access control (RBAC) in the Azure Portal and Azure Resource Management API allows you to
manage access to your subscription at a fine-grained level. With this feature, you can grant access for Active
Directory users, groups, or service principals by assigning some roles to them at a particular scope.
Create a role assignment
Use New-AzureRoleAssignment to create a role assignment.
Example: This will create a role assignment for a group at a resource group level.
PS C:\> New-AzureRoleAssignment -ObjectID <group object ID> -RoleDefinitionName
Reader -ResourceGroupName group1
Reference: Managing Role-Based Access Control with Windows PowerShell
https://azure.microsoft.com/en-gb/documentation/articles/role-based-access-controlpowershell/

NO.4 HOTSPOT
請負業 者情 報ア プリ を設 計する 必要 があ りま す 。
何をお 勧め しま すか ? 答 えるに は、 回答 エリ アで 適切な オプ ショ ンを 選択 します 。
Answer:
/ They also plan to extend their on-premises Active Directory into Azure for mobile app authentication
/ VanArsdel mobile app must authenticate employees to the company's Active Directory.
Reference: Get Started with Offline Data Sync in Mobile Services
http://azure.microsoft.com/en-gb/documentation/articles/mobile-services-ios-get-started-offline-data/

70-534日本語 認定資格試験は試験に関連する書物を学ぶだけで合格できるものではないです。がむしゃらに試験に要求された関連知識を積み込むより、価値がある問題を勉強したほうがいいです。効率のあがる試験問題集は受験生の皆さんにとって欠くことができないツールです。ですから、はやくJPexamの70-534日本語 認定資格試験を入手しましょう。これは高い的中率を持っている問題集で、ほかのどのような勉強法よりもずっと効果があるのです。これはあなたが一回で楽に成功できるを保証するめぼしい参考書です。

我々JPexamはお客様の立場でお客様に最高のサービスを提供します。全日でのオンライン係員、Microsoft70-534日本語 認定資格試験のデモ、豊富なバーション、Microsoft70-534日本語 認定資格試験を購入した後の無料更新、試験に失敗した後の全額の返金…これら全部は我々JPexamが信頼される理由です。あなたは我々のソフトを通してMicrosoftの70-534日本語 認定資格試験に順調に合格したら、私たちの共同の努力を覚えられると希望します。

70-534日本語 認定資格試験はIT試験問題集を提供するウエブダイトで、ここによく分かります。最もよくて最新で資料を提供いたします。こうして、君は安心で試験の準備を行ってください。弊社の資料を使って、100%に合格を保証いたします。

70-534日本語試験番号:70-534日本語問題集
試験科目:Architecting Microsoft Azure Solutions (70-534日本語版)
最近更新時間:2017-03-07
問題と解答:全106問 70-534日本語 日本語Pdf問題
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 70-534日本語 日本語Pdf問題

 

JPexamは最新の220-901問題集と高品質のC-TPLM30-67問題と回答を提供します。JPexamのHPE2-N67 VCEテストエンジンと210-250試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の1z1-068 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。

記事のリンク:http://www.jpexam.com/70-534J_exam.html